新生児や赤ちゃんの湿疹、頭や顔にできたらどうしたらいいの?

 スポンサーリンク

 

生後1か月位の赤ちゃんの顔に赤いブツブツが・・・

わが家の三女も新生児の頃に乳児湿疹ができました。

 

「どの子も乳児湿疹ができたし、いずれ治るからいいや」と、毎日お風呂あがりに保湿はしていたのですが、悪くなる一方でした。

そのうち頭にもブツブツが広がり、かさぶたのようなものができ、体にもブツブツの症状ができてしまいました

 

ですが、小児科の先生のアドバイスで薬に頼らずきれいに治す事ができたんです!!

「赤ちゃんの体にステロイドを使いたくない!」と思っている育児中のママも多くいると思うので、どうやって治ったのかを紹介したいと思います。

 

乳児湿疹の原因とは?

生後2か月頃までの赤ちゃんは、胎内にいる時にお母さんからもらった女性ホルモンの影響で、皮脂の分泌が過剰になっているのが原因です。

 

その為、肌を清潔にし、しっかりとした保湿等のスキンケアが必要になってきます。

 

どんなスキンケアをすればいい?

赤ちゃんの皮膚はとても薄く、デリケートなので、毎日のケアが必要です。

 

お風呂で洗う

赤ちゃんは汗をかきやすいので、体調が良ければ毎日お風呂に入れましょう。

夏は特に汗をかきやすいので、夜のお風呂とは別に、日中シャワーでサッと汗を洗い流すとなお良いです。

 

洗う時は指の腹を使い、たっぷりの泡で優しく洗います

この時、すすぎ残しがないように気を付けて下さい

また、赤ちゃんの首、脇、膝や肘の裏、手のひらは汚れが溜まりやすいので、優しく丁寧に洗ってください。

わが家では、赤ちゃんから異臭がするので調べてみたら、首や脇から臭ったので気を付けるようにしました(^^;)

 

頭のかさぶたは、お風呂に入る前にベビーオイルワセリンでふやかしておくと、お風呂で洗った時に力を入れなくても自然に取れます

取れなくても何度か洗えば自然に取れていきます。

また、その日かさぶたが取れてもすぐに新しいかさぶたができますが、気にしなくても大丈夫です。

正しいスキンケアをすれば良くなるので、無理に取る事はやめましょう

 

保湿剤を使う

ローションやクリーム等で、保湿ケアをします。

お風呂あがりは乾燥しやすいので、できれば5分以内にたっぷりと全身に塗ってあげましょう。

その他にも、オムツを替える時、汗をかいて着替える時など、ゆっくりやさしく塗って下さい。

 

以前小児科の先生が、「赤ちゃんの保湿をしっかりしないと、アトピーの原因にもなる」と言われていました。

毎日かかさず保湿をしてあげて下さい。

 

おすすめのケア用品

キュレル ローション

 

  • 乾燥や肌荒れを防ぐ
  • 顔、からだ用
  • のびがよく、ベタつかない
  • 無香料
  • 無着色
  • アルコールフリー(エチルアルコール 無添加)
  • 弱酸性
  • 赤ちゃんのデリケートな肌にも使える
  • アレルギーテスト済み

 

口コミ

 スポンサーリンク

 

  • 60代ですが、乾燥肌、粉吹き肌だったのが完全になくなった
  • 乾燥肌に保湿効果抜群
  • 優しくしっとり馴染む。
  • しっとり肌になったのに、ベタつき感無し。
  • 何を塗ってもダメだったが、お腹まわりの粉吹きが劇的に変わった
  • 朝起きた時、つるつるのもちもち肌になった

 

使用した感想

こちらは、赤ちゃんにも使えるとの事で、小児科の先生からおすすめされました。

先生の言われたとおり、1日3~4回塗っていたら、顔の湿疹、頭の頑固なカサブタ、体のあせもが数週間できれいになりました

 

後日、他の小児科の看護師さんに「肌がきれいね~」と言われたのでうれしかったです。

まとめ

実は、1日2回キュレルローションを塗っても湿疹が改善されなかった為、皮膚科で薬をもらいました。

塗ってみたところ、1回塗っただけで思った以上に湿疹が良くなったので、私は薬を使用する事に対して逆に心配になってしまいました。

 

次の日、3か月健診があったので先生に相談すると、

「使用してもいいけど、長くは使えないですよ。キュレルは害が無いので、この赤ちゃんの肌なら1日3、4回は塗って下さい。

とアドバイスを頂き、本当に肌がきれいになりました。

 

なので、ステロイドに抵抗がある方は、この、キュレルローションがおすすめです。

わが家では、長女が新生児の頃から使っており、その良さに、大人も使用しています。

 

ぜひ、赤ちゃんのスキンケアに役立てて下さい!!

 

 スポンサーリンク

 

少しでも参考になりましたら、「ポチッ」と応援お願いします(*^^*)


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 


コメントを残す